大学入試に合格して、みごと大学に入学できたら、アルバイトをして稼ぎたいと考えている人たちは意外と多いです。

アルバイトで将来の道を考える

アルバイトで将来の道を考える

大学生のアルバイト選び

大学入試に合格して、みごと大学に入学できたら、アルバイトをして稼ぎたいと考えている人たちは意外と多いです。実はわたしもそのうちの一人でありました。わたしは団塊の世代に属するので、大学時代のアルバイトは限られていました。わたしたちの時代では、国立大学の学生たちは、家庭教師をして稼ぐのが当たり前でした。今は時代が変わっています。アルバイトも、大変にバリエーションが多くて、さらに、多様化されています。

国立大学でも自由な時間が比較的採れるのは1、2年生です。4年生になれば、卒業論文や卒業研究のためにバイトをしている時間がとれなくなります。街の大学生たちに声をかけて、今の学生たちは、いったいどんなバイトをしているのか聞いてみました。意外と多いのが居酒屋でのバイトです。理由は、時給が、ほかのお仕事に比べると格段に高いからです。今の学生たちのしたたかな生きざまを目の当たりにして、頼もしいなと感じました。

居酒屋で数年アルバイトをしている学生たちは、押しなべて、その人間性が鍛えられています。酒場で、わたしたち熟年や高齢者を相手にしているうちに、したたかに生きるすべをつかんでしまいます。大学を卒業して就職しても、これなら大安心です。


Copyright(c) 2017 アルバイトで将来の道を考える All Rights Reserved.